複合機のリースサービスを比較して選ぶ

  • 複合機リースのメリットを考える

    • 会社の事業で使用するコピーや複合機は、本体をわざわざ購入しなくても、リースすることで安価に使用することができます。



      複合機のリースと聞いてもあまりピンとこない人もいるかもしれませんが、そのメリットはたくさんあります。



      例えば、リース料として支払うお金について、それを毎月の会社の経費に計上することができます。

      そのうえ、所有権はリース会社にあるため、借りる会社には固定資産税の支払いや減価償却の手続が必要ありません。



      また、レンタルなら初期費用が要らないので、会社の運転資金に困らないという点もメリットでしょう。



      複合機やコピー機を購入するとなれば、大きなお金が一度にたくさん出ていくことになり、その分会社の運転資金にも支障が出てきますが、レンタルならその点で安心です。初期費用は0円、後は月々のレンタル料だけを払っていけばいいので、運転資金に困ることはありません。



      ただし、デメリットについても考えておく必要があります。リースのデメリットには、まず、一度契約したら途中解約できないことがあります。



      一度契約すると、契約満了するまでは複合機を借りる必要があり、もし途中解約したいなら、すぐに残債を一括で支払うしかありません。



      それから、複合機を借りるにあたって最初に審査がありますが、その審査に通らなければ借りることはできません。
      状況によっては審査に落ちることもあり、その場合は別の会社に申し込まなければなりません。



  • 関連リンク

    • コピーやファックスなどの複合機等のオフィス機器は、これをリース契約する企業は多いでしょう。とくに大手企業で使用する複合機はとても高額で、企業の経費を圧迫することもあるでしょう。...

    • 複合機を導入するとなった時にどのようなものを導入すればいいか悩まれたことはないでしょうか。定期的に交換するものではないため、経験がない方もいらっしゃると思います。...