複合機のリースサービスを比較して選ぶ

  • 複合機のリースのメリットとデメリット

    • コピーやファックスなどの複合機等のオフィス機器は、これをリース契約する企業は多いでしょう。



      とくに大手企業で使用する複合機はとても高額で、企業の経費を圧迫することもあるでしょう。



      不特定多数の人が使用する複合機は、故障の懸念もあり、初期費用の問題と共に購入後の修繕などの費用負担も大きいでしょう。


      そこで、複合機をリース契約する企業も多いです。


      メリットとして大きなものは、初期費用を抑えるということです。



      複合機は大きさや機能により価格が変わり、数十万円のものから数百万円のものまであり、大手企業で使用されているものは数百万円のものも多いでしょう。



      リースであれば、毎月一定料金を負担すれば、サポート費用も含まれ、経費として計上されるため、毎月負担が軽いと言えるでしょう。



      さらに契約終了後は、再リースとなる、1ヵ月分の負担金が1年間の負担となり、一気に費用負担が低くなります。



      また、減価償却に掛かる手間や企業の固定資産としての税負担も無いため、メリットが多いと言えるでしょう。



      さらに、終了後に新たな製品との交換により同じ料金で最新型の製品を使用することが出来るため、ビジネスとして高い効果が得られるでしょう。
      デメリットとしては、器機の所有権が自社ではなく、契約を交わしたリース会社にあり、長期で使用することにより支払いが購入費を超えるということもあり、企業規模や使用頻度によりデメリットが先行することもありますのでしっかりとした計画が必要となります。



  • 関連リンク

    • 複合機を導入するとなった時にどのようなものを導入すればいいか悩まれたことはないでしょうか。定期的に交換するものではないため、経験がない方もいらっしゃると思います。...

    • 複合機のリース契約を結ぶときは、導入した製品のメンテナンスに関する保守契約を締結することになりますが、この保守契約にはいくつかの種類があります。保守契約のうち、最もよく選ばれる形態はカウンター保守契約と呼ばれるものです。...