複合機のリースサービスを比較して選ぶ

  • 複合機のリース契約時に結ぶ保守契約の主な種類

    • 複合機のリース契約を結ぶときは、導入した製品のメンテナンスに関する保守契約を締結することになりますが、この保守契約にはいくつかの種類があります。
      保守契約のうち、最もよく選ばれる形態はカウンター保守契約と呼ばれるものです。



      これは、リースを受けた複合機の内部に備え付けられているカウンターによって1ヶ月間に印刷した枚数をカウントし、毎月の料金支払い時に用紙1枚あたりの金額に印刷枚数を乗じた金額をカウンター料金として支払う契約です。

      カウンター料金には部品や消耗品の交換費用と修理費用などが全て含まれており、この契約形態を選ぶと部品交換代や修理代を別途請求されることがなくなります。



      キットトナー保守契約は、専用トナーを使用している間はリースを受けた複合機の修理代が無料になる契約形態です。



      あくまで専用トナーを使い続けることが条件であり、残量が切れた時に専用トナー以外の製品を購入した場合はこの契約は解約扱いとなるので注意が必要です。



      スポット保守契約は、中古品の複合機のリース契約時に選択可能な場合が多い契約形態で、不具合がある度に連絡をして有償で修理をしてもらう形態の契約です。



      消耗品代や修理代が全て実費による負担になるので、綺麗に使い続けていれば無駄な出費を抑えられます。



      しかし、修理が必要となった時に予想以上に費用が高くつく場合があるので注意が必要です。



      保守契約のうち主だったものは以上の3種類ですが、この他にも年単位で保守費用を払い込む年間保守契約と呼ばれる形態もあります。



  • 関連リンク

    • 複合機を導入するとなった時にどのようなものを導入すればいいか悩まれたことはないでしょうか。定期的に交換するものではないため、経験がない方もいらっしゃると思います。...

    • 複合機のリース契約を結ぶときは、導入した製品のメンテナンスに関する保守契約を締結することになりますが、この保守契約にはいくつかの種類があります。保守契約のうち、最もよく選ばれる形態はカウンター保守契約と呼ばれるものです。...